• 東京都市大学
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
  • 都市大グループ

学科案内

医用工学科紹介

主任からのメッセージ

医用工学科では、電気電子工学および機械工学を基盤として医学の知識も学び、広く人間の生活に関する技術を研究・開発する能力を養うことを目標としています。

現在、様々な機器開発が行われていますが、スマートホンにしろ、自動車にしろ、人の理解が必須になって来ています。また、高齢化社会を迎え、高齢者のQOLの向上、在宅医療、予防医学など、多くの技術的課題があります。

これらを解決するためには、工学だけでなく、医学的な知識が必要になります。医用工学を対象とする分野では、まだまだ理論的な解明が進んでいない分野もあり、これらは実験を通して技術開発を行う必要があります。

そのため、医用工学科では実験実習を重視した教育を重視しています。機械工学、電気電子工学の実習に加え、解剖実習、病院実習などは医用工学科独自の取り組みとなっています。今後、ますます重要になる人間中心の社会に幅広く活躍できる技術を担える人材育成に取り組んでいます。

医用工学科
主任教授  桐生 昭吾