Team Outline

チーム概要

図我々は、工学と医学の連携・融合を目指すため、“プラズマ再生医療合同チーム”を立ち上げました。

このチームは、知覚システム工学研究室・平田孝道准教授グループと臨床器械工学研究室・森晃教授グループで構成されており、工学分野と医学分野の両面から研究を展開しています。さらに、本学の総合研究所に所属する“ナノカーボンバイオデバイス研究センター”において研究されている“生体埋め込み型バイオチップの開発”に関しても、重要な研究拠点の1つとなっています。

現在、人工多能性幹細胞(IPS細胞)や臍帯血(胎児と母体を繋ぐ胎児側の組織であるへその緒(臍帯)の中に含まれる血液)を用いた神経の再生や、新しい治療方法として注目されつつある“マイクロスポット大気圧プラズマ装置”を用いた細胞・組織の活性化など、幅広い研究を行っています。

今後益々発展を遂げるであろう科学技術に対して、少しでも貢献できるものを探求すると共に、我々の独創的発想から創製された大学発新領域研究開発、すなわち“都市大ブランド”を世の中に波及させていこうとするのが、我々“プラズマ再生医療合同チーム”です。

これからも科学と共に歩み続けます。