先端的な集積デバイス、精密計測、情報処理技術などを用いて、人間の知覚やそれに関連する幅広い研究を展開しております。

先端技術で知覚を探求

人間の知覚は極めて高度な処理を行っております。先端的な集積デバイス、精密計測、情報処理技術などを用いて、人間の知覚やそれに関連する幅広い研究を展開しております。

有機超薄膜を用いたバイオセンサの研究

ナノメータサイズの有機超薄膜(LB膜)を用いて、味覚、におい、DNA等を検出するバイオセンサの研究を行っています。さらにこれらのバイオセンサからの出力をデータ処理するためのLSIの開発も行っています。

時空間音響信号処理および音の知覚に関する研究

スピーカアレーやマイクロホンアレーによる時空間音響信号処理の研究や高周波音に関する音の知覚に関する研究を行っております。特に、ハードウェア、ソフトウェア、測定技術などバランスの取れた研究教育を行っております。

ナノカーボン材料を用いたバイオセンサの研究

ナノテクノロジー領域において近年注目されているナノカーボン(フラーレンやカーボンナノチューブ)を用いたDNA、抗体、ウイルス検出用バイオナノセンサ及びナノデバイス(有機太陽電池)の開発を行っています。

↑ページ上部へ